ちょっとドライブな

車を査定要望する時は、査定担当者の照応を見て感じをつかむことが不可欠です。終局、査定をするのは人間です。その人間の人となりにもよりますが、感じを調べることで、ある程度の査定額の移り変わりを理解することができます。万一、査定の際、担当者に誠意をあまり感じられないようなときは、高値の査定は期待できないでしょう。そういったときは、取引をやめて、他のディーラーに変更した方がいいかもしれません。感触のよくない目利担当者に対して、いくら愛車のアピールポイントを主張してもそれが通ることは難しくなります。査定士はスペシャリストなので、アピールしなくても基本的に査定向上の点は見逃しません。結果を早めすぎて目茶苦茶に成約すると、後で他のディーラーの査定額をみて悔やむことになるので、感触が良くない時は、あっさり切り上げる方が無難です。査定担当者に対しては、ある程度はアピールしてもいいのですが、あまりしつこすぎると反対に感触が悪くなるので、気を付けなければなりません。審査する人はなるべく早く契約を得たいと思っています。それゆえ、良好な感触を感じたとしても、注意深く対応する必要があります。